理解しておきたい貧血と美容との関係性

貧血と言いますとめまい、あるいは立ちくらみそれから、頭痛といった特有の症状を考える方が多く見られるのかもしれませんが、くすみそしてクマや、乾燥など多種多様な肌の問題がもたらされる原因にもなると言われています。
貧血が生じる原因にはいくつかあるわけですが、一般的に考えて多いのが血中の鉄分が足りなくなることによって現れる鉄欠乏性貧血になります。
赤血球に含まれているヘモグロビンにつきましては、酸素と一つになって身体全体に酸素を運搬する役目を担っています。
ヘモグロビンは主として鉄分及びたんぱく質によって構成されているのですが、身体の中の鉄分が足りなくなることでヘモグロビンが減り、酸素を運搬する働きが低下します。
ヘモグロビンは酸素と一体化することで赤色になります。
色素が減ると、顔は赤みがあまりなく、くすんだイメージになってしまいます。
とりわけ皮膚の非常に薄い目下は黒ずんだ血液が見やすく、クマが現れます。
さらに、酸素が行き渡らないためターンオーバーが遅くなって乾燥もしくは肌あれが生じやすくなります。